大腸ポリープ切除術 EMR(内視鏡的粘膜切除術)

トップ > 大腸ポリープ切除術

大腸ポリープとは

大腸ポリープとは、大腸の粘膜が隆起したイボのようなもので、大きく分けると腫瘍とそれ以外に分けられます。
腫瘍はさらに良性と悪性があります。
良性の腫瘍は腺腫と呼ばれ、悪性の腫瘍が癌です。ほとんどの腫瘍は良性ですが、放置しておいても小さくはならず、悪性の腫瘍になる危険性があるので、一般的には切除した方がよいと考えられています。

大腸ポリープ切除術

患者さんに負担の少ない手術で、日帰りで受けることができます。

※血がサラサラになるお薬を飲んでいる方は、ご相談ください。

EMR(内視鏡的粘膜切除術)

EMR(内視鏡的粘膜切除術)は、粘膜下層に生理食塩水などを注入し、病巣を浮かせて、高周波を用いて切り取ります。

ポリペクトミー

ポリペクトミーとは良性腫瘍を含めた隆起(りゅうき)性病変を切除・治療する方法です。

 

大腸ポリープ切除について

切除に際して患者様は全く苦痛を伴うことなく行えますが、観察するだけの大腸内視鏡検査とはやや内容がちがい、一種の手術である以上、まれな頻度ではありますが偶発症の可能性があります。

  • 1.出血(ポリープ切除端の血管から出血が止まらない)
  • 2.大腸穿孔(薄い大腸粘膜に穴があく)

大腸ポリープ切除後に異常が出た場合(激しい腹痛、大量の下血等)はすぐに当院へご連絡下さい。多少の腹部不快感、少量の出血は数日で消失します。大量出血の可能性があるのは通常切除を受けた後約1週間以内です。
万一、偶発症が発生した場合は緊急開腹手術が必要になる場合もごくまれにあります。偶発症が生じた際は最善の処置を取らせていただきます。

大腸ポリープ切除後の日常生活について

切除後1週間は出血の可能性があると考えて、食事など日常生活についても注意が必要となります。

時間 安静度 食事 入浴
検査当日 自宅にて安静 おかゆやうどんなど シャワー浴にする
検査2日目 軽作業(運動や重いものを持つなどは避ける) なるべく消化の良いものを取る シャワー浴にする
検査3日目 平常にもどすが、激しい運動、出張、旅行は少なくとも1週間は控える 平常にもどすが、暴飲暴食は避け、1週間はアルコールを控えた方が良い 入浴してよいが長湯は避けるようにする

ページトップに戻る